​エンディング・メイク

安らかな旅立ちを願えばこそ

エンディング・メイク
(湯灌サービス)

エンディング・メイクとは・・・

故人様の安らかな旅立ちを願い、

最後のお風呂、旅立ちのためのお化粧を行う大切な儀式です。

タイトルなし_edited.jpg
花の茂み

儀式としての必要性

故人様のご逝去に際し、親族が集まって

現世での悩み・苦しみ・煩悩などを綺麗に洗い流し

身支度を整えてさしあげ、ご成仏できるよう

送り出してあげる精神性の高い儀式です。

​戦前までは全国の各家庭内にて

普通に執り行われていました。

しかし、核家族化・生活習慣の簡素化もあり、

病院での遺体処置(アルコール綿花処置)が「湯灌」と

誤解される風潮にあります。

 

「心」が問われる現在の葬儀ですが、ご葬家の「心」が

原点であるからこそ、これからの葬儀では

最重要なもののひとつに数えられるでしょう。

衛生保護手段としての必要性

ご遺体は、死亡後、腐敗・変色・硬直がはじまります。

人間が亡くなることに際し当然起こる自然な現象です。

これらを放置することは故人様・ご家族にとっても

深い悲しみの中、更につらいことでしょう。

 

私たちは儀式の前後において、

技術的に可能な範囲にて適切な処置を行います。

​最後のお別れは、故人様にもご家族にも美しく、

人間らしく旅立って頂きたいものです。

青空
白いバスルーム

病院等でしばらくお風呂に入っておられない

場合は特に喜ばれます。

一日のお疲れを取るのも風呂です。

一生のお疲れを取るのもお風呂ではないでしょうか。

 

個人様お風呂に入れてあげて送り出してあげるのが

残された方の務めではないでしょうか

我が国で古来より受け継がれていた喪の儀式。

大変ご苦労して人生を歩んでこられました故人様に

​「最後のお風呂」として是非入れてあげてください。

最後のお風呂としての必要性

​エンディング・メイクの手順

湯灌の儀式_edited.jpg